eBook・電子書籍ソリューション Aero Browser : HOME > Aero Browser PC Flash/EXE > 機能 > その他

その他の機能

Other Features

マルチブック連携(複数ドキュメント、シリーズ、バックナンバー)

関連する電子書籍・ebookを一覧化して切り替えて表示できる機能で、複数の電子書籍・ebookを効率的に閲覧する際に便利な機能です。ショッピングカタログやシーズンカタログを自在に組み合わせて提供したり、シリーズの電子書籍・ebookを切り替えて閲覧するなど、電子書籍・ebookの移動性を良くします。

PDFメタ情報(概要・属性・しおりなど)と文字情報の自動抽出

Aero Publisherによって、PDFファイルに含まれる様々なメタ情報を自動的に抽出し、電子書籍・ebookコンテンツに反映します。制作者の負担はほとんどなく、短時間での電子書籍・ebook制作が可能です。

ベクトル・ラスターハイブリッド変換機構

Aero Browserの目玉機能のベクトルグラフィックエンジンですが、精細な描画を処理するため高い再生能力を必要とします。 そのため、ラスター(ビットマップ)イメージデータと組み合わせて、高速なページめくりと、再生処理を実施し、バックグラウンドでの高精細イメージの描画を実施するというハイブリッド再生システムを実装しています。 ユーザーへの快適性と高品質を両立した電子書籍・ebookフレームワークです。

特殊ノンブル対応

実際の本では、表示、表紙の中、裏などのページ番号が付与されないページ、また、目次や索引などページ番号の付与のされ方が異なる場合が多くあります。このような特殊ノンブルを含むPDFファイルを自動的に解析し、電子書籍・ebookに反映する機能が搭載されています。Aero Browserでは、このノンブル機能と、ページ数を使い分けてページ情報のわかりやすい表示を提供します。

キーボード操作バインド(カスタマイズ可能)

マウスでの操作はもちろんのこと、基本ページ閲覧機能については、キーボードでの操作も提供します。キー操作の方法は機能毎にキー設定に割り当てるなど設定ファイルにてカスタマイズ可能です。

※次期バージョンで実装予定

>>デフォルトキーボードの操作はこちら

拡張コンポーネント開発用API(Flash、JavaScript対応)

Aero Browser Flash / PC EXE版は、フレームワークとなる基本機能以外は、すべて拡張コンポーネントと呼ばれるFlash モジュールで構成されます。また、一部の機能は、JavaScriptとの連携も行え、外部制作されたコンポーネントモジュールと密な連携をとりeBookの世界を拡張することが可能です。また、既存のツールバーなども変更することができ、独自のインタフェースにすることも可能です。

※次期バージョンで実装予定

コンテンツの動的構成API

Aero Browserを支える強力な制作機能として、コンテンツの動的構成を実現するAPI群があります。これを利用することで、表示・展開中の電子書籍・ebookコンテンツに変更を加えることが可能となり、e=leaningなどの対話的なコンテンツを比較的容易に短時間で制作することを可能とします。

※次期バージョンで実装予定

Aero Browser PC Flash/EXE